ホーム › ごあいさつ

ごあいさつ

ようこそ社交ダンスの世界へ

社交ダンスが西洋文化の一つとして、日本に紹介され初めに踊られたのが明治16年11月29日、場所は現在の千代田区麹町に建設された鹿鳴館のボールルームと記されております。
時は江戸時代から明治時代に移り、アメリカをはじめ西洋諸国から沢山の異文化が導入され、その一つである社交ダンスもダンスを踊る事ばかりでなく、エチケット、マナーなども学ばれました。
当時踊られていたダンスの種目は、ワルツ、タンゴ、フォックストロット等スタンダードが中心のダンスでした。毎晩、外交の手段として利用されていたそうです。そして社交ダンスは、男性のリードと女性のフォローによって成り立っています。
男性は音楽を聴き、この曲が何の種目かを聞き分け、ルーティンの組み立てをし、女性の身体に伝える。つまり2人が一つになって音楽の中に溶け込み表現をする。これが社交ダンスだと思います。
社交ダンスから発展した競技ダンスは、より技術が高度になり、スポーツ性と芸術性を兼ね備えたダンススポーツとして、世界約50カ国で踊られております。とりわけ現在の日本は、競技ダンス、社交ダンス世界一の競技人口となっています。

そして・・・
当スクールは創設1949年以来60年間にわたり一貫して皆様方に信頼される社交ダンススクールを運営してまいりました。「最高の立地」「最高の設備」「最高の技術」を備えたスタッフにより、初心者から競技選手まで満足いただけるレッスンを実践しているスクールです。

一度、この素晴らしい社交ダンスの世界を実感ください。きっと新しい自分が発見できます。

代表 北條章宏
北條ダンススクール
代表 北條 明

▲ ページの先頭へ