ホームスタッフコラム › 私と社交ダンス 第2話 社交ダンスは難しいですか?

スタッフコラム

私と社交ダンス 第2話 社交ダンスは難しいですか?

山口慶子


私がダンス教師になりたての頃は、初等科、中等科、高等科と全て各科毎にフィガーが決まっており、
皆が同じフィガーで踊っていました。ダンス教室に入会すると、
初心者の人には最初は前進、後退のウォークを教えます。
次にボックス(スクエア)、90度づつ回転する右回り、左回りのボックスを教え、
そのあとに始めてダンスの種目のブルース(現在はスロー・リズム・ダンスと言います)を教えます。

その後でモダン種目(現在はスタンダードと言います)ですと、
ワルツ、タンゴ、クイックのステップを教え、その後でスロー・フォクストロットを教えます。

ラテン種目(現在はラテン・アメリカン・ダンスと言います)ですと、
マンボ、スクェア ルンバ、ジルバを教え、
その後でキューバン・ルンバ、チャチャチャ、サンバ、パソ、ジャイヴを教えます。

社交ダンスを習う初心者が最初に苦労することは、足をチェンジする動作です。
普段歩く時皆さんは足を交互に動かしますよね?
ところがダンスを教えている時「足を閉じて、次に反対の足を動かして下さい」と言うと、
大半の人は足のチェンジが中々出来ません。閉じるという動作が普段、
生活の中にはない動作なので、足を交互に動かすことが難しくなるのです。
同じ足を2度動かそうとする人が多く、足の裏に磁石でもついているのではないか?と思うように
びくとも動かない感じの人もいます。
しかし、少し続けていると段々スムーズに足のチェンジが出来るようになり、
色々な種類のステップを踏むことが出来るようになります。
その頃になりますと、生徒さんも段々社交ダンスが楽しくなってきます。

次に、ダンスを教える上に大変難しい事は、ホールドとボディ・コンタクトです。
今では教えるのにそれほど苦労はしませんが、初心者にとってはまだ簡単ではありません。
私が上野ダンス教室(現在の北條ダンススクール)のプロになった頃、
一般的には社交ダンスに対するイメージは余り良くなく、
現在のように高年齢のダンス・マニアが非常に多いという現象はとても考えられませんでした。
その頃は若いダンス・マニアの方が比較的多かったように思います。
上野ダンス(北條ダンス)は若い生徒さんが非常に多く、
教室の雰囲気は明るく、賑やかで社交ダンス教室という言葉がピッタリでした。
しかし若い世代の生徒さんであっても、ホールドをし、
ボディコンタクトをしようとすると腰を引いてしまい、
とてもスムーズにはボディコンタクトが出来ませんでした。
それは男女という意識が、相手が先生であっても強く、
ダンスを踊るのを難しくしてしまったのだと私は思いました。
相手は先生ですよ、という意識に変える為、非常に厳しく教えていたように思います。

今は「社交ダンスは楽しい、そして健康に良い」ということを教えていこうと思っています。

社交ダンスの楽しさは2人で音楽を聴きながら会話をし、踊る事だと思います。
最初は難しいと思いますが、少しづつダンスに慣れてきますとダンスが楽しくなり
「毎日のように踊っていたい」と言う生徒さんが沢山います。

私も40年以上ダンス人生を歩んでいます、
そのお陰で健康で比較的明るい人生を歩めていると自負しています。
多くの人達が社交ダンスを楽しむことにより、健康でいてくれればとつくづく思う今日この頃です。



▲ ページの先頭へ