ホームスタッフコラム › もじもじまさみ 2010年UKダンス選手権大会

スタッフコラム

もじもじまさみ 2010年UKダンス選手権大会

須田雅美


2010/1/27

今年初めてのもじもじまさみ更新です。もうすぐ2月ですが、今年もよろしくお願い致します。


2010UKダンス選手権

1月18日(月)から、UKダンス選手権大会の観戦に出掛けました。

UKはイギリス南部のBournemouth(ボーンマス)で行なわれます。
いつもならまずはロンドンに数日滞在して時差ぼけをなおし、規模の小さいコンペを観戦したりするのですが、常宿のバーンズ邸がなくなってしまった今回はギリギリの旅程にして、ヒースローから直接向かう事に決めました。
ボーンマスに行く方法は1ダンスツアーに参加、2航空会社の送迎サービスを利用、3長距離タクシー、4レンタカー、5コーチ(長距離バス)や電車などの公共交通機関…こんなに選択肢があるので迷ってしまいました。
節約型は断然5番のバスや電車が一番ですが、ボーンマスの駅に到着してから結局タクシーに乗らなきゃならない…メンドクサイからボツ。 次にボツにするのは1番…ダンスツアーは日本からの選手や観客が乗っていて、彼らに気を使わせるのはイヤだから。
残るのは全て車なんだけど、今年は寒波でロンドンも雪が積もってる…なんて情報だったので、「自分で運転するのは危ないかも」とレンタカーは最初にボツ。
ヴァージンアトランティック航空のアッパークラスを正規に購入するか、マイルを使うと2番の送迎サービスを利用できるのですが、ボーンマスまで行くには追加料金を支払わなければならない距離なのです。アホクサいからボツ。ということで長距離タクシーで行くかな…とネットで早割り長距離タクシーなんかを検索したりしてました。

そこへ救世主現る!
嶺岸組が同じ日のJALで到着してレンタカーを借りるというじゃないですか!
「ねぎちゅわわ〜ん、乗っけてってぇ〜!」
ということでボーンマスへの足が確保できました。


ハーツで待ち合わせ

ヒースローの入国審査は結構時間がかかります。何をしにきたのか、何日滞在するのか、帰りのチケットは持っているか、こっちで仕事をするのかなど、ウルサイウルサイ!あたしゃこの国に毎回たっくさんの金を落としに来とるんじゃいっ!有り難く思えってんだ!ったく…。
あら、ほほほ(^^;)失礼しました。この国には不法滞在しようとする難民さながらの人がたくさん押し寄せるらしいのです。もちろん、そういう人達に紛れてテロリストが入り込みますから、とてもチェックが厳しいのです。
私はこの頃Fast Track Passをゲットできるので、する〜りとスルーです。
到着したロンドンは曇りで、思ったよりも寒くないのでホッとしました。


寒空のボンマス

飲み物やスナックを買って、待ち合わせをしているハーツレンタカーへ。 30分ほどしてねぎちゃん達が登場。ボーンマスまで宜しくお願いしま〜す!と車に乗り込みました。
ヒースローからボーンマスまでは約90マイル。道順は簡単!高速のM25を約50マイル南下してM3のサウスハンプトン方向に走り、M27をしばらく走ってから自動車専用道路のA3に下り、A338からA3066に入って到着。
所要時間は1時間45分ぐらいかな。ねぎちゃんありがとう!車内での出来事は君達の名誉のために伏せておくよ(@^^@)/
私が宿泊したのは海に面した高台に立つBournemouth Marriott Highcliff Hotel。
UKの会場のすぐ隣なのと、暖かい部屋、美味しい朝食、ちゃんとしたホテル、宿泊する選手が少ないという理由で最近はココに宿泊をしています。
ささ、明日からのために寝るぞ〜!と買っておいたサンドイッチをパクついて就寝Zzz。あ、そうそう、今回の私の御伴はノビーだけ。皆様お気づきの通り、一応1人旅なのです。


Lancaster Wing Room232



▲ ページの先頭へ