ホームスタッフコラム › もじもじまさみ 2009年ロンドンインター

スタッフコラム

もじもじまさみ 2009年ロンドンインター

須田雅美


2009/10/23

はじめにお断りしたいのですが…実はデジカメの充電が十分でなく、写真をたくさん撮れな
かったんです。ごめんなさい。

今回のロンドンインターは、新しいアマラテンとプロスタンダードチャンピオンが生まれよう
としているのに、会場が全然盛り上がらなかった事が印象的でした。ステファノは技術は上手い
わけじゃないけど、華やかなアナとのコンビネーションで、明るくセクシーで楽しいラテンダン
スを踊って会場をホットにしてくれていました。ミルコのスポーティー過ぎだと言われたダンス
は、二人三脚のようでもあるスタンダードの難しさを、芸術的と思わせるほどのスピードで見る
ものや他の選手を圧倒していたと思います。



今回スタンダードの部の王座に就いたアルナス君は、王子様然としていて、白いタイツとカボチ
ャパンツが似合いそう。確か昨年のカチューシャはハロウィンの衣裳のようなドレスを着ていたけ
れど、今年は王子様と並ぶにふさわしく、白いドレスで優しくまとめていました。ウィルキンスと
組んでなかなか優勝できなかった時と比べると、表情も柔らかくなり、よりエレガントに見えまし
た。もちろんそれは、彼らのダンスが正統派のイングリッシュスタイルのダンスだからでしょうね。
対照的だったのは2位になった同じアメリカの選手、ヴィクターとアナ。同じ黒髪だけどアジア人
でもイタリア人でもないこのカップルは、つい最近までは「防弾チョッキを装着した燕尾服の男性
にエスコートされる深窓の令嬢」って感じでした。でも今回の彼らは違っていました。何かの感覚
に浸るようにトローンとした目にちょっと開いた口の中で舌が動くヴィクターと、彼の動きに敏感
に反応しすぎるようにも見えるアナは、令嬢から女へと変身を遂げたようにも見えました。彼らの
ダンス、なんだかちょっとエロくなりました。いずれのカップルも、テクニック的な事は抜きにし
て、印象だけで言えば好き嫌いはあるでしょうねぇ。

さて、ラテンの部。スラビックはいつものように(?)ビザの都合で欠場…もういい加減に彼のフ
ァンもうんざり。スクフカがメリンダと出場…ドニーいわく、何度でも墓の中からよみがえって硬い
ダンスを踊るゾンビ。これに負けちゃったマーカス・オムは気の毒だ…多くの観客の談。セルゲイは
すっごく集中してて素晴らしかったけど、メリアはファイナルで背中がカチンコチンに固まってしま
い、友人としてはハラハラさせられた。ドニーいわく、「くそメリアっ!殴ってやりたかったぜ。」
フランコは予選のインターバルで「テメ〜重いんだよっ!」とオクサナを罵倒していたという情報を
後で入手しましたが、ダンスも「おっ!今日は調子いいじゃん!」と思わせてはすぐに踊らなくなっ
ちゃう;just walking…残念。ユリアは「冷たい」と散々言われているようで、可愛らしくダウンスタ
イルの髪型で参戦でしたが、お団子にしていた方がいいみたい。金髪でガリガリだから白髪のおばあ
ちゃんみたいに見えるけど、彼女のカンフー並みに速い動きにはピッタリだった。リッカルドは全て
の種目が同じに見えてしまうような表現力に成り下がり…ジュニアかジュブナイルみたいな印象。あ
くまでも以前の彼と比較しての話ね。男女ともバランスが取れていて見た目も悪くないし、良く踊る
し…彼らがチャンピオンだってOKですよ、私はね。でも、今回も優勝したのはマイケル・マリトー
スキー&ジョアンナ・ルーニスでした。これが今のラテンダンス界を牽引しているダンスなんだ!と
言われても、全然ぴんと来ない。だってラテンアクションがないんだもん。コネクションとアクショ
ンの法則が成立してないし。彼女はサイボーグみたいでマジすごいけど、マイケルは人の良い農夫み
たい…おっと言いすぎた?

あんなアクロバティックな動きはできないでしょ!とマリトースキーを優勝させるジャッジ、リッ
カルドとユリアが彼らを圧倒するようなパフォーマンスをしてくれるのを願いながら、それが叶わず
リッキーに1位をつけられないジャッジ…うん、確かに今回のジョアンナ達は「sustain」と彼らの師匠
が表現するような、ス〜ッとした静けさを保持する時間を多くして、速いアクロバティックな部分と
コントラストをはっきりさせていました。人を興奮させはしないけど、感心はさせますね。でも、ラ
テンダンスの競技会を観たら「わ〜!楽しそう!」って、単純に思いたい…私なら。

数組のダンサーが同時に、同じフロアーで踊ってコンテストを行うダンスはあまり多くありません。
ストリートダンスやレクリエーションダンスの分野ではあるとしても、芸術的な分野では皆無でしょう。
他人と比較されながら評価を下されるダンスでは、技術の正確さ、スピードの速度やエネルギーの大き
さのコントロール、またそれらの使いどころのタイミングが的確である事、もちろん見た目が個性的で
見苦しくない事などなど、様々な要素をほんの数秒で比較・判断されてします。当日の偶然によって素
晴らしいパフォーマンスが披露できるものじゃないって事を、すでに経験済みの人達がジャッジをする
のですから、日々の努力として「僕達、ダンスに命かけて頑張ってます!的な行動」も大切です。

はぁ、ダンスって大変…ただキラキラしたドレス着て、にこやかにクルクル回ってるだけじゃダメなのら。

日本ではこのもじもじがアップされる頃に仙台でJBDF選手権が、そして11月3日には全日本選手権が
東京で開催されます。

選手の皆さん、頑張って!!!応援団も頑張りましょう!!!MASAMI




▲ ページの先頭へ