ホームスタッフコラム › もじもじまさみ Superdance South Africa その2

スタッフコラム

もじもじまさみ Superdance South Africa その2

須田雅美


2009/10/6

CMなどの時間もきちんと計りながら撮影していくので、休憩が数回ありましたが、その間に
メイクの女性達が壇上へ飛んできて、ジャッジのメイク直しをしてくれました。手際よくブラ
シでパウダーを塗ってまわってたけど、私、そんなにテカッてたのかしら?心配だわ(==;)。

さて、後半はショーダンスの競技。まずは中国のダニーとヴィヴィアンが中国の曲でルンバを
披露。何を歌っているかは分からなくても、切ないメロディにのせた二人の情感こもったダンス
で、観客の心がキュ〜ンとなっているのが手に取るように分かりました。ジャッジも同じで、み
んな口々に涙が出そうだった…と感想を述べました。

ラッキーとンベイジーはヒンディミュージックで3種目を混ぜて踊りましたが、いかんせんテク
ニック不足の為、種目と種目のつなぎ目がスムーズにいかなかった…。だから表現も「動きたい
んだけど、動けません。」になってしまったので、「クラブとかに出掛けて、自由さを取り戻し
ておいで。」と私はコメントしました。

コメントと言えば、私は昼間のうちにリハや前日のダンスを見て感じた事をメモして持って行
きました…日本語と英語のミックスで。私だけかな?と思っていたら、マイケル以外のジャッジ
もメモを持ってきていました。



モルドバのドーリンとロゼリーナはスィングを取り入れたジャイブ。衣裳なんかも、彼の靴が
ストーンでキラッキラ、帽子とジャケットはスパンコール…と、頑張ってました。まぁ、昔から
ジャイブのショーと言えばこんな感じのブロードウェーっぽいコスチュームを着る人は多いです
がね。でも、踊りが最高だったんです。練習を見ていた時には「ちょっとスウィングっぽさが強
すぎて重いかな?」と感じたのですが、本番ではそうでもなく、彼のマッド(気狂い)にも見える
ほどの集中力とエネルギーに加え、振付けの楽しさで会場は大盛り上がり!ジャイブテクニック
には少し足りないものもありましたが、総合すると高い評価を出さざるを得ませんでした。マイ
ケルとドニーと私は思わず顔を見合わせて「スラヴィック、マジでヤバイぞ〜〜」と腹話術のよ
うに小声でつぶやいてしまいました。

その後にはアンドレイとナタリーが「枯葉」でルンバを踊りました。パソの時に来ていた黒の
ドレスとは真逆の真っ白なドレスで登場したのは効果的でした。彼らのダンスはキレイだったけど
感動するほどのテクニックじゃなかったのですが、カメラマンさんが自分のボディーに装着したカ
メラで彼らの回るまわりをグルグル走りながら撮影している映像を見るとスゴイ技を踊っているよ
うにに見えるから、テレビを見ている人達には「アメイジング!」だったのではないでしょうか?
映像のマジックですね。



さあ最後のスラヴィックとアナ…ロシア語のしぼり出すような男性のしわがれ声のジプシー風音楽
に合わせ、まずはスラヴィックがソロを踊る…苦しそうな表情やもがくような動きはセクシーそのも
の!!「これだよ、これ!これが見たかったんだよっ!!」と会場にいる全ての人がまばたきもしな
いで見つめていたと思います。そこへアナが登場。ジプシーをイメージしているのでしょうが、う〜
む…センス悪すぎ。ドレスはまるで手作りドレス…そして、表情の作り方は安っぽい娼婦のよう。あ
る意味ジプシーっぽいのかな?でも、違うと思うけど…。アナってお化粧すると本当に美人だし、ス
タイルは抜群とは言わないけど、以前はとても素敵なドレスばかり着ていたので、ファッションリー
ダー的な存在だったのにな…残念。非常に残念。作品としてはとっても良いもので、高いテクニック
を要求される振付けと、スラヴィックのスラブ系民族独特の暗い雰囲気が音楽にマッチしていて、で
きれば全てに10点満点を付けたかった!でも、アナのテクニック不足、作品のコンセプトの理解とテ
クニック不足による表現力の低さ、ドレスの選択ミスにより、30点満点はあげられませんでした。横
をチラリと見ると、ドニーも私と同じ評価。コメントでは最初からこのぐらいのパフォーマンスを見
せて欲しかったとドニーが言い、私は2人で踊ってる感が見たかったと言いました。

ショーダンス競技の時には途中でみんなが計算できないよう、1カップルずつの得点発表がありま
せんでした。だから表彰式は本当にドキドキものでした。私、ドニー、マイケルは「スラヴィックは
どうかなぁ…?」と同じプロとして世界のトップダンサーの結果を心配しました。

結果はリバースオーダー…下位からの発表で、5位がラッキーとンベイジー、4位がダニーとヴィヴ
ィアン、3位がアンドレイとナタリー、そして2位はアマチュアのドーリンとロゼリーナ。そして優勝
はスラヴィックとアナ…逃げ切りました!圧勝とは言い切れなかった勝利に、壇上のジャッジ陣は全
員「よかったぁ」とホッと胸をなで下ろしたとさ。よかった、よかった。

とにかく終わりました。南アフリカでのジャッジとしてのテレビ出演。終わってしまえばどうって事
無い…とっても特別な、良い経験でした。



ところで、私はドニーから、「Live TV showだ!」と言われていたので、帰国してからも「あ〜ぁ、須
田雅美、ライブであんな程度の英語かよ〜〜」とガックシきてたんだけど、インターネットで番組表を
チェックすると、どうやら違うみたい。編集をされて数回に分けて放映されるようです。

でも、人前でライブだった事には変わりはありませんね。旅の恥はかき捨て…自分のテリトリー外での
緊張感を解き、リラックスさせてくれるいい言葉だと思います。でも、日本人はこの「恥」っていう文化
のせいで大胆な行動を制限される場合も多いと思います。私は今回のジャッジで自分の採点にやましい部
分はないし、コメントでは全て正直な自分の気持ちや考えを述べたのですから、恥かしい事は一つもない
のだ。「あんな程度の英語」は今後も努力を続けるもん!お疲れ、私!




▲ ページの先頭へ