ホームスタッフコラム › もじもじまさみ BONZO 海外逃亡中

スタッフコラム

もじもじまさみ BONZO 海外逃亡中

須田雅美


2009/7/13

ドニー先生のフラットに入ると、玄関で靴を脱いで部屋に上がります。なんだか日本みたいだけど、
家の周りが枯葉だらけなのに加えて雨が多いから、そのまま部屋へ上がるとフラット中が枯葉だらけに
なっちゃうから。でもこの3年ほどは靴を脱がずそのまま上がるか、脱いでも部屋まで持って行くように
なっていました。それは、バーンズ家の1人息子(?)、ゴールデンレトリバーのBONZO君がご主人に褒
められたくて口にくわえて持って行っちゃうから(>o<)no!ヨダレでべっちょべちょになっちゃうけど、ご
主人様は「よ〜ちよち、良い子だ(^O^)/」ってなんでも褒めちゃうんだもん。フツーさあ、「コラッ!」
って叱るよね?ふとドニー先生の足元を見ると、おきょうちゃんの小さなスリッパに足を無理矢理入れて
履いてた…ってネギちゃんが言ってました。親が親なら、子も子だねってフラットの住人達で呆れてました。



が、今回は部屋がいつもよりキレイで、犬の毛が落ちてないし、ドッグシッターのおばちゃまも部屋を
使った形跡はなく、庭のボンゾのおもちゃは整理されてるし、ドニー先生がフラットに上がってきた時も
ボンゾの影を見ることが無かったのです。変だな?と思ってドニー先生に聞くと、2月末に他の犬とトラブ
ルを起こしちゃって、相手側がボンゾの死刑を望んでいるらしく、とりあえずスイスにいるニコルに預けて
るんだって…。散歩の時にリードをつけずに遊ばせてて、その時にボンゾがよその犬とケンカをしたみたい。
多分、相手側の犬が死んじゃったんじゃないかなぁ?イギリスでは、飼い犬が他の犬に怪我をさせたり殺し
たりした場合、裁判になればその犬は処分、ようするに死刑になってしまうらしいんです。2月末には日本へ
ジャッジとして来日する予定だったのですが、前日に「ボンゾが大変なんだ。日本へは行けない。ごめん。」
と携帯メッセージが来たのですぐに電話をすると、パニック状態で状況を説明してくれました。ってことでジ
ャッジもこの事件のせいでキャンセルしちゃった!それぐらいボンゾを愛してるんですよね。でも、ドニーが
ボンゾを猫可愛がり(?)する姿を常時見ている人達は、「いつかこうなるって思ってたよ。ボンゾは小さい
犬を見るとすぐに追いかけて攻撃してたから。」って、サラリと言ってました。確かにそう言えば、庭にキツ
ネが出ると追い払うようにしつけていたから、小さい犬を見るとキツネと勘違いして追いかけていたのかもし
れません。犬とキツネのニオイも嗅ぎ分けられないなんて、ダメ犬だなぁ。そんなこんなで、ボンゾは現在海
外逃亡中なのでした。






▲ ページの先頭へ