ホームスタッフコラム › ダスビダーニャ カザァニィ

スタッフコラム

ダスビダーニャ カザァニィ

須田雅美


フェアウェルパーティーはオフィシャルホテルのレストラン。ビュッフェスタイルでカジュアルに楽しく♪
日本チームは世界ファイナリストとなった金光・吉田組を囲んで祝勝会&反省会です。



金光・吉田組は賞金がイギリスポンドでもらえてホクホク顔(#^.^#)なっちゃんなんてジョッキを両手にもっちゃって…ビールがすすむってもんですな☆



中村・山田組も少しだけ参加賞がもらえたようです。良かったね♪



パーティには青少年体育及び観光庁のお大臣様もご出席。ってことで、時折ポポフ氏の手下とお大臣様の秘書らしき男性がヒソヒソやる姿をキャッチ。ロシア人がやるとすごく危険で深刻そうに見えますよね。





なっちゃんがこのお大臣様のことを「桝岡肇先生に似てませんか?」なんて言うから、彼が桝岡先生にしか見えなくなっちゃった(笑)



(※桝岡肇先生:元全日本モダン/ラテンチャンピオン、財団法人日本ボールルームダンス連盟常任相談役、有限責任中間法人日本ダンス技術機構会長、東京ボールルームダンススクールアソシエーション会長、桝岡舞踏研究会会長、桝岡ダンス教室経営)



お大臣様は「タタールスタン共和国は、ソヴィエト連邦がロシアになった時、モスクワから結構近くて土地が広いからって理由でロシア第3の都市に認定されたんですよ」ワッハッハ〜(^○^)と仰っていました。
カザンにはたくさんの教育機関があって若者が多く、2013年には大学生のスポーツの祭典「ユニバーシアード」が開催されるのだ…とご自慢の様子でした。また2015年から17年の世界水泳選手権大会の候補地の1つになっていること、2018年にはサッカーのワールドカップが開催されることも観光庁としては良い宣伝材料のようでした。肝心のサッカー競技場は建設の真っ最中でしたよ。そういえば南アフリカでもワールドカップに向けて建設中のサッカー場を見たなぁ…と懐かしく思い出しちゃった(*´`*)



きっと2018年のワールドカップ前には私のこのコラムの閲覧数がうなぎ上りに上がるのではないか?と思います。だってこんなに日本語でタタールスタン共和国のカザンっていう都市のことを書いてあるページってないんだもん(=_=)情報集めに苦労したんですよぉ…。
観光大使として表彰して欲しいわ(―_―)!!
あ、でもお大臣様は「女性の皆さんに」なんて言って、シャンパンをふるまって下さいました。スパシーバ・ボリショイ(^o^)
そのシャンパンを手に、世界ショーダンス選手権の新チャンピオンとなったジャスティナスとアナがスピーチをしました。彼らはカップルを組んでから初めて手にしたチャンピオンタイトルだ…と、とても嬉しそうでした。これを機に頑張る☆と決意を新たにしていました。彼らはカザンに残ってレッスンをしていくと…彼女がロシア語で話せるので不便がないですよね。



パーティも終盤に近付いて、ウォッカも出てきました。金光・吉田組が友人だという、私と明先生がけっちょんけっちょんにこき下ろしたトラウツ氏の娘カップルとウォッカで勝負しましたが…





ゲルマン民族とは肝臓のデカさが違うんだよ…気を付けてね(^_^;)

中村・山田組は飛行機の都合でもう1泊だったのかな?私達は翌日の早朝、カザン空港からモスクワへ…。カザン空港は到着した時と同様にVIP扱いで空港の脇から入って直接VIPルームに通してもらいました(^^♪VIPルームと言っても、食べ物や飲み物は超無愛想なお姉ちゃんを呼んで買わなきゃならないシステム…怖かった(;ω;)



部屋から見た景色は一面の雪原…こんなんで飛行機って飛ばせるのか?





私の心配をよそに、こんな雪でもお天気ならば平気で飛べるんですね。飛行機までバスで行き、タラップを上るんだけど、そいつが滑って怖かったです(*Д*;)))





12時半にモスクワ到着。そのままモスクワにもう1泊される北條先生とお別れです。
他4名の日本への乗り継ぎ便までは、待ち時間が8時間以上(!)私達は空港内で待つことにし、観光もしていないという金光・吉田組には「車は渋滞するから、電車で行くといいよ」と市内観光に送り出しました。



空港でランチを取っていると、雪がどんどん降ってきて、窓の外も見えなくなるぐらいの吹雪になってしまってビックリ!そんな吹雪の中に出てまでもタバコを吸うなんて…アホじゃないか?身体に悪いだろう(=_=)



私達はロシアン→イタリアン→アメリカンと、レストランを合計3件ハシゴしてチェックインし、少しだけお土産を買って時間を潰しました。
私がマトリョーシカ大好きってことは、前回の世界選手権でモスクワを訪れた時の記事でお伝えしましたよね。他にも好きなグッズがあります…それはチェブラーシカ(*^^*)
今回はパイロットの制服を着て、たくさんおしゃべりしたり歌ったりしてくれるチェブを購入しました♪



それでも時間があったのでゲート近くで待つことに…お腹いっぱいの明先生はぐぅぐぅといびきをかいて寝てました(笑)



その後成田行きのゲートで会った金光・吉田組に「どうだった?」というと、「毛皮は高かったです(>_<)」「雪がものすごく降ってどこも観光できませんでした」だって…可哀想(+o+)
ま、数年経って引退したら私達みたいに観光もできますよ。



成田行きに搭乗した私…雪が相当降ってたけど大丈夫かな?と心配しながら、出発を待っている間に寝ちゃったみたい。



ひと寝入りして目が覚めてもまだ飛んでない様子…どうやら機体に付着した雪を溶かすのに時間が掛かってたみたい。機体にザバザバと水(かな?)を掛けていました。結局1時間半ぐらいの遅延…雪国って大変ですね(@_@;)



たった4日のロシア滞在でしたが、たくさん美味しい物を食べ、たくさん初めての物を見て、たくさんショーダンスを見て、たくさん勉強をした、とっても内容の濃い日々でした。
次回のレポートは南の国からになりそうです。お楽しみに☆

追記1:冬のロシアって、屋外はとっても寒いけどお部屋の中はとても暖かい!持って行ったカイロはほとんど使わず、ポポフ氏の手下達にプレゼントしてきました。



追記2:もう一つ自分のお土産に…と買ってきた好物のチョールヌィ・イクラー(キャビア)は、黒パンの上にサワークリームと一緒に乗っけてカナッペを作り、お正月に家族で頂きました(≧▽≦)☆







▲ ページの先頭へ