ホームスタッフコラム › ロンドンインターに行ってきました その1

スタッフコラム

ロンドンインターに行ってきました その1

須田雅美


今年のロンドンは暖かかった(^○^)
昨年の10月半ばの気温は最高気温が15〜6度、最低気温は8〜9度。でも今年私達が到着した日はなんと20度!しかも雨の多いロンドンが晴れ!最低気温だって16度なんて「珍しすぎて雨が降るよ」という気候でした。
地球温暖化のせいなのでしょうか?気持ち悪いけど、寒ガリータの私にはありがたいお天気でした。

10月10日(月・祝)に成田発VS901便ロンドンヒースロー行きの飛行機に同乗していたのは、われらが北條章宏会長とハミングレディこと山口慶子先生、そして昨年まで当スクールに勤務していらした笹谷カップルの4名でした。こんな偶然ってあるんですねぇ…


(北條先生と慶子先生を機内でパパラッツィ)

明先生は飛行機に搭乗する前からラウンジでシャンパンを3杯!もちろん(?)その前にはビールが数杯胃袋におさまってました(+o+)だから飛行機に乗る頃にはこんな顔↓


(搭乗の時点ですでに…)
だから機内でウェルカムドリンクのシャンパンを頂いた後は、ぐっすり眠りこけちゃってました(笑)

息子がぐっすり寝てる間に、オヤジさまは機内に設置されているバーカウンターのとまり木へ。最初は慶子先生と、その後は笹谷カップルと…私が映画を3本見ながらお手洗いに行くたびにお見かけしたので、少なくとも5時間はバーカウンターに座っていらしたのではないでしょうか?気持ち良さそうなえびす顔は、ご本人の名誉のため撮影を控えさせて頂きました(#^.^#)

風の影響で今回通った航路では12時間半もかかりました。着陸前の上空からロンドンの街を眺めると、来年のロンドンオリンピック用に建設が進むスタジアムが見えましたよ。


(ロンドン上空から見たオリンピックパーク)

ロンドンに到着して、リムジンサービスをご利用の北條先生方とは空港でお別れ。


(北條先生、慶子先生とは別行動)

私達はHeathrow Expressで移動です。


(ヒースローエクスプレス)

今回の泊まったのは昨年と同じ、ロイヤルアルバートホールから歩いてすぐのデザインホテル。とっても気に入ってるから名前はヒミツ(*^_^*)
入口にはイギリスの国旗がはためいて、大英帝国の誇りを感じさせます。


(ホテル名はヒミツ…見えるかなぁ?)

階段を上ると右がレストラン、左がバー、奥に進むとホテルレセプション。私達が到着した時にはチェックアウトするオシャレな人々でごったがえしていました。どうやら「奇跡のフィット感」とセレブを魅了するハイヒールで有名な、Jimmy Chooの社員さん達だったみたい…なるほど納得☆ココは有名なハロッズのあるナイツブリッジまで歩いて15分ほどなので、高級ブランド関係者の常宿にもなりうるのですね。
デザインホテルといってもイギリスらしい建築様式と重々しい調度品、リビングルームには暖炉…Bed & Breakfastでは味わえない落ち着いた雰囲気で、洋画の中でも時代劇が大好きな私にはたまりません。そのうえ丁寧なイギリス英語を話す太っちょの執事までいるんですから!ほんの少しだけ「お金持ちごっこ」(※イマドキなセレブでは、断じて無い)ができて楽しいんです(^_-)b

今回Brentwoodでのライジングスター選手権、ジュビナイル、ジュニアやシニアの選手権、そしてインターナショナル選手権本戦への出場権をかけた予選会へは所用で応援に行くことができませんでしたが、ジュビナイルでは濱田琉衣・中澤麗組がボールルーム部門で6位ラテン部門で4位、ジュニア14歳以下のボールルーム部門では富山から私達のレッスンを受けに来ている大西大晶・咲菜組が4位に入賞、またシニア部門では坂本弘文・順子組が6位に入賞しました。みなさん日本のスター選手ですね☆
ロイヤルアルバートホールの近くでジュニア、ジュビナイルの選手団とばったり会いました。海外の試合でもどんどん活躍できるよう、これからも応援していきたいと思います。


(子供達はすでに日本のスターです☆)



▲ ページの先頭へ