ホームスタッフコラム › 2011年世界プロラテン選手権 in モスクワ その2

スタッフコラム

2011年世界プロラテン選手権 in モスクワ その2

須田雅美


4月16日(土)〜その2〜
ジャッジがそれぞれ経歴などを紹介されながらフロアに登場し、競技開始です。
全部ロシア語なので何を言っているのか全く分かりませんでしたが、きっと「元全日本チャンピオン、アキラ・ホウジョー」って紹介をしていたんだと思います。


(ジャッジも準備万端です)

競技が始まって、私はもじもじまさみを書くためのメモ、写真の撮影、時にはツイッターでつぶやいたり…と大忙し。では、私が一次予選からメモった感想をつぶやき形式で清書しま〜す。

第1次予選

〈チャチャチャ〉
フランコの動きはちょこまかしていてエネルギーを外側に出していない。
リッカルド達もまだ体が温まっていないのか?
マウリッツォはとてもリズムをハッキリ打ち出して1予選目から良く踊っている。開催国の特権として代表2組の他にワイルドカードとして2組が出場。
セルゲイ・リューピンの弟エフゲニー・リューピンは胸に力が入り過ぎていて下半身との連動が悪くなり、ふにゃっとしちゃう。
どんな踊りをするのか気になっていた南アフリカのカップルは全くの初心者…なんて胴体が短いんだろう!
セルゲイ&メリアは地元ロシアでの開催なので応援もいっぱい。この1予選だけを見たら、3位は堅いねd(@^∇゚)/
新婚カップルのジャスティナス&アナ…う〜ん2人は合ってるのか(・・;)?
マリトースキーってしなやかさが無くてカッタ〜い(=_=)しかも、逆ヒップアクションなんて有り得ん!
あれ?今回は中国や香港の選手が出場してないかな?日本人にもチャンスがあるね。


(一次予選チャチャチャの様子)

〈サンバ〉
リッキー(リッカルド)はかなりベーシックを熟知して練習してるなぁ。
フランコは、まずは軽く流す程度で踊ってるみたい。
ポーランドの選手アンドレイ・モセイチュック&カミラ・カヤックはデカいのに細かいリズムまで表現しているのが偉いっ!
ところで世の中ベーシック流行り?マリトースキーでさえベーシックだよ(?_?)



〈ルンバ〉
リッキー達のルンバはちょっとピキピキ止め過ぎだなぁ(>_<)
マリトースキーは腰がキレてる上に途切れなくゆったり踊れている☆
やっぱオトコは足をズバッと広げて立ったままオンナを扱えてナンボだな(-。-)y-゜゜゜
おっ!セルゲイ&メリアに、観客から早くもブラボー出ました(^O^)/
アンドレイ・スクフカは、う〜ん…可もなく不可もなくって感じ。



〈パソドブレ〉
リッキー達は、ユリアの膝が伸びすぎるので遅れるっぺ(+o+)
マウリッツォって、ナチュラルタレントがあるんだよな…相手との距離感は動物的だわ。う〜ん、アナ・メルニコヴァってスッゴく美しくてセクシーな女性だけど、相手と踊らないなぁ(>_<)


(美しくセクシーな新妻アナとジャスティナス)

〈ジャイブ〉
リッキー&ユリアは軽くてすごくイイ感じ☆
フランコは足が上がってない…ってか、膝がゆるんでない。
マウリッツォ、その調子!いいよ、いいよ〜(*^_^*)
ポーランドのモセイチュックってバネがあるなぁ。
マーカス・オムは足先(ボールやトウ)には床を踏みつけるような力がある割には跳ね返りが少ない…腿が上がりにくいのか、もしくは股関節を固めてるのかな?

こうして1次予選を見てくると、世界選手権に出場できる選手が必ずしも世界のベストカップル達というわけではない…。各国のベストカップルが出場できる選手権なんだって事を再確認しました。チャンピオン争いはリッカルドに軍配が上がり、フランコに代わってセルゲイが表彰台に上がりそうな予感。

一次予選が終わり、ダンサーとジャッジは休憩。今回はジャッジの公明正大さをアピールする為か、なるべくフロアの隅にあるジャッジ専用のテーブルにいるようにと指示があったそうです。だから残念ながら明先生のコメントをここで聞くことはできず、つまらなかった(p_-)


(ジャッジ席)

そしてこの時間にロシア人のダンサーが数組デモンストレーションを行いました。ハッキリ言ってショーのクオリティは低かった(^_^;)競技会以外、こうして人前で踊る機会があまり無いのかな?という印象でした。
それに引き続きステージ上に女性シンガーが登場してダンスタイムの開始。ロシアの皆さんは本当にダンス好きなんだなぁ(^^♪女性シンガーは様々なジャンルの曲を歌っているのですが、皆さん社交ダンスに固執せず、思い思いのステップを踏んで楽しんでいたのです。私も見ていて楽しくなりました。そのダンスタイムで珍しいシーンをキャッチ(^^♪世界チャンピオンのアルナス・ビゾーカスとカチューシャ・デミドヴァがサンバを踊ってました。周りがハゲしく踊る中、静かにモゾモゾと動いてましたよ(~_~)



第2次予選

〈チャチャチャ〉
モセイチュック(ポーランド)は師匠のセルゲイに似てるなぁ。
ジャスティン(ジャスティナス)って動作はノロいけど、股関節が柔らかくて体幹の筋肉が強いから身体の角度を自在に変えられるのは素晴らしい(^O^)/☆
リッキー達は1予選より動きが良くなってる。

〈サンバ〉
ジャスティンのベタ足が気になる…何かを踏みつけるようにサンバを踊っちゃイカんよ<(`^´)>
マウリッツォのパフォーマンスいいなぁ。好きだよ。
リッキー上手いっ☆☆☆

〈ルンバ〉
マリトースキー&ジョアンナのトリッキーなステップは確かにスゴイと思うけど、で?何┐(‘〜`;)┌って感じだな。申し訳ないけどルンバの基本的な運動が不足してるんだよね。
ラシド・マルキ(ノルウェイ)のパートナーアンナの足づかいが変だぞ?前はこんなんじゃ無かったのに。
オーストラリアの女子がステージ前で泣いてる。肩を怪我しちゃったみたい。可哀想(>_<)
リッキーのルンバはものすごくセクシーッ!誰でもやるようなステップなんだけど、彼の相手へのアプローチ、全ての動作に何かしらの意味があるし、女性の存在を大切にしなが
ら2人で踊っているのが良く分かるっ。もうっ!鼻息荒くなっちゃったわっ(* ´Д`*)=3

〈パソドブレ〉
ジャスティン&アナは、それぞれが踊るの大好きな人達にしかまだ見えない。2人でのダンスを作るにはまだ時間がかかるかな…残念。
パソがハマり種目と自他共に認める(?)セルゲイ。このラウンドはなんだかイマイチかな?
リッキーさすが!早くもターボがかかってきたね。彼のリバースピボットは世界一だわ。

〈ジャイブ〉
マウリッツォのジャイブはリズムが細かくてGood!
フランコ…大丈夫ぅ(´・ω・`)?
ところで、このジャイブも結構みんながベーシック踊ってる??


(2次予選でサンバを踊る松本組)

休憩時間。自然の呼び声に従い、絶対に行きたくなかったトイレに行って驚いたっ!もんのすごくキレイに改装されていたんです。便座があってしかもトイレットペーパーまでご丁寧に準備されているなんて!そんなの普通だって思うでしょ?以前のトイレをご紹介できないのが本当に残念ですが、それと比べたら頬ずりできそうでした(^O^)これなら明先生もまた来るって言ってくれるなぁ…前回は「二度と行かなくても良い国」の烙印を押してたから(~_~;)


(クレムリン大会宮殿の改装されたトイレ)

トイレの帰りに上の方から全体を見渡してみました。会場の全体はすり鉢型になっていて、たくさんの観客がフロアを見やすいつくりでした。キャッシュバーもあったので、たとえお付き合いで観に来ていたとしても、退屈しない競技会だった事でしょう。


(会場への階段)


(会場はすり鉢型)

ところで、この競技会は全世界にライブでネット配信されていました。これは世界選手権始まって以来の画期的な出来事です。私達の友人で、WDCのセクレタリーを務めるハネス・エムリッヒ君はFacebookを利用して全世界にニュース配信をし、私はTwitterで日本のツイ友さんにお知らせをしました。その映像を見ていたツイ友さんから「さっきは全員ベーシックを踊っていませんでしたか?」とメッセージがきて、どうやらある1種目だけ全員がベーシックを踊る事になっているようだ…とそこで気が付きました。
トイレに立った明先生をつかまえてその件を聞くと「予選ごとに1種目だけベーシックを踊るんだって、今日ジャッジ会議で初めて聞いた」確かに事前にそんな知らせは受けていませんでした。今回の参照テキストブックとして選択されたのは、現代ラテンの父である故ウォルター・レアード氏が書いた「The Laird Technique Of Dancing」だったそうです。もちろんルールですからチェックする人が存在します。チェックしていたのは、審査委員長のハネスでした。


(審査委員長のハネス・エムリッヒ)



▲ ページの先頭へ