ホームスタッフコラム › Picnic in Brighton

スタッフコラム

Picnic in Brighton

北條明 & 須田雅美


1999/05/03



今日は日曜日。連休の谷間です。このところお天気が良いのでお弁当を作って 嶺岸カップルとピクニックに行きました。何年も英国に留学してて初めてです。 行き先はブライトン。 イギリスの南の方にある古くからのリゾート地です。私達の友人よしえちゃんの だんな様、ポール君の故郷でもあります。彼にとてもきれいなところだと聞いて いたし、私達のすんでるところから1時間ぐらいで着くとデニース・ウィバース 先生にうかがったのでここに決めました。ちなみにデニース先生も天気が良い日 にはかっとばして日焼けを楽しむそうです。



「ジョージ?世が皇太子時代に建てた夏の宮殿《ロイヤルパビリオン》」



お弁当が豪華なんですよー!全員の力作なんです。内容は、おにぎり(ごま、 うめ、肉みそ、塩のみの4色)、からあげとたこウィンナー(雅美担当)、塩鮭 (ねぎちゃん担当)、たまごやきとほうれんそうのバターソテー(明担当)、ち くわのおつまみ(恭ちゃん担当)その他チーズ、いちご、みかん、そしてもちろ ん、ビールにワイン、ジュース。お弁当は重箱に詰めました(ドニーが日本でも らったのをくれたんです)。  ブライトンのビーチは遊園地やゲームセンターがあってすっごく込んでたので 駐車スペースを求めてヨット用のマリーナのほうへ走ったらフリーの駐車場があ り、その近くに穴場のビーチを見つけ、そこでお弁当 をひろげることにしました。



ビーチは砂ではなく、玉砂利だったので潮風は 心地よく、でもベタついた感じのないさわやかな日光浴をすることができました。 イギリスはこの季節になると日が長くなり、夜8:30ごろにならないと暗くな らないので、一日遊ぶにはもってこいです。(でもお店は早く閉まっちゃうんで す。)緑やお花がきれいだし、いい季節ですよ。  こうして一日ゆったり楽しく過ごして生活にメリハリをつけるっていいよねー 。と4人で話しながら帰ってきました。そうです、明日はドニー先生の厳しいレ ッスンでビシッとメリハリをつけられる日なのです。では、また。 AKIRA&MASAMI



▲ ページの先頭へ