ホームスタッフコラム › インペリアルボールルームチャンピオンシップス

スタッフコラム

インペリアルボールルームチャンピオンシップス

北條明 & 須田雅美


皆様こんにちは 

 日本はどんなお天気なのでしょう?こちらロンドンはいつになく雨の日が多く、雨が降ると肌寒いのでジャケットを手放せません。

 今日はまず、5月20日(土)に行なわれた競技会『インペリアル ボールルーム チャンピオンシップス』の結果報告から・・・この競技会でひとまずブラックプールまでの小・中規模の競技会が一通り終わるので、ブラックプールの為に世界各国から集まったダンサー達がたくさん出場しました。ジャッジもイギリス人だけでなくインターナショナルジャッジであったことと、ファイナルはモダンのジャッジ9人とラテンのジャッジ9人の合わせて18人全員でモダン・ラテンとも審査が行なわれたことでとても公平な印象を受ける競技会でした。結果は次の通りです。

プロラテン
優勝 ポール・キリック&ハンナ・カトゥーネン
2位 ヨラン&ニコラ・ノーディン
3位 セルゲイ・リョーピン&エレーナ・コヴォロヴァ
4位ポール・リチャードソン&ヤズナー・コセルジェ
5位 北條明&須田雅美
6位ブレンデン・コール&カミラ・デールラップ

日本人セミファイナル・・・布川組、嶺岸組。横田・小路谷組は最終予選でしたが、同じヒートでチラッと見えた時にはオールイングランドの時より良く踊っていました。私達はこれでブラックプール前の全ての競技会でファイナルに入ることができ、実力と実績、自信をもってブラックプールに乗り込む準備が整いました。

プロモダン
優勝 アウグスト・スキアボ&カテリーナ・アイルゼントン
2位トニー・ドックマン&アマンダ・オウエン
3位 イゴール&イリーナ
4位 遠田進・真理子
5位 柳橋慎太郎&浅見久美子
6位 わかりません

日本人セミファイナル・・・家泉組、石原組、藤本組、谷堂組。笹谷組は初めて最終予選まで進み、万歳!「すごく良くなった」と評判でした。

 ファイナルは紹介の為のソロダンスがあるのですが、柳橋組の順番の時に丁度曲の終わりにさしかかってしまい、テンポが遅くなって終りそうになったところを、彼らはまるで自分のデモ用の振り付けのようにアドリブをきかせて踊りきってしまい、会場からやんやの拍手喝采でした。慎ちゃんってすごいよ!

 私達はこの日、ドニーがデモのためスイスに行っていて観に来ないのを知っていたので、「今日はチェッカー(?!)がいないから好きなように踊りましょう。」と楽しくやっていたら・・・ドニー先生の先妻トーナ先生がいるではありませんか!途端に硬直する私・・・でも彼女は「オールイングランドの時よりもすごく良くなってるわ。この調子で決勝までがんばりなさい。」とおやさしいお言葉。「見られてると思うと緊張しちゃうけど、見てくれてると思うと安心するわ。ありがとう。」と言うと、「ドニーから電話があってね、アキとマサミが出るから絶対(競技会を)観に行って、面倒みてやってくれって・・・」なんて感動的なんでしょう!あにきぃ(ドニーのことです)、いつも私達のことを思ってくれててありがとう!

 さて、そんな優しいドニー先生は私達のフラットの大家さんでもあります。彼は私達が間借りしているこの家の他に、テニスで有名なウィンブルドンにも2 カップルが住めるフラットを持っていて日本人に優先的に貸してくれているのです。現在そこに暮しているのは柳橋組とタマオキダンスの宮嶋組。心優しい大家さんはフラットの住人8人と、横田・小路谷組、大阪の塚本組を自宅に招いてブラックプールへの決起集会をひらいてくれたのです。このパーティーの模様はまた今度(^_-) 



インペリアルのモダン入賞者



左からアマチュアのお友達メリアちゃん、私、ドニー先生の先妻のトーナ先生



▲ ページの先頭へ