ホームスタッフコラム › スーパージャパンカップ応援ありがとうございました

スタッフコラム

スーパージャパンカップ応援ありがとうございました

北條明 & 須田雅美




セグエ選手権5連覇達成で“ピース”の明、雅美

HPご訪問中の皆様こんにちは お久しぶりの雅美です。

 2月26日・27日に幕張メッセで開催されたスーパージャパンカップ2000に出場し、セグエでは優勝させていただきましたが、5種目戦は残念ながら第2位という結果に終わり、ダークブルーの世界にひたっているヒマもなく、生徒さんのレッスンやたまっていた雑用に追われ、なかなかアップすることができませんでした。ごめんなさい。そしてまずこの場を借りて私達 北條明・須田雅美組を支えて、応援して下さった皆様にお礼を述べさせていただきたいと思います。まずいつも競技会場で、また遠くから心の中で私達のことを応援して下さっている皆様、ありがとうございました。そして私達のイメージからデザイン画におこし、連日残業をしながらドレスをつくって下さったダンスコスチュームハセベのスタッフの皆様、毎年ご迷惑をおかけしてすみません。今年も素晴らしいドレスでした(*^o^*) 長谷部社長、五十嵐さん、宮田さん、当日までお手伝いして下さってありがとうございました。毎年何時間もかけて一緒に音楽作りをして下さるぺぺさん、今年は過去最長記録「連続13時間スタジオにかんづめ」をやっちゃいましたね、ご迷惑をおかけしました。でも今年も自分達が思っている以上の音楽が出来あがりました。ありがとうございました。それからいつもイメージ通りにメークを施して下さる吉村さん、ありがとうございました。それから海外からもサポートして下さっている先生方にもごあいさつを・・・

 まずいつものように文句をたらたら言いながらもセグエを作ってくれた兄貴:ドニー・バーンズ大先生、ありがとう!今回の作品が今までの中で最高に難しく、身体のアザ、傷、筋肉痛の一番多い作品になりましたが、製作中はあなたの身体も大変なコトになっていたんでしょうね。あなたのご苦労は報われましたよ、私達優勝しました。ありがとう。でも私達が5種目戦で2位になった事を報告した時、あなたは受話器の向こうで一瞬止まってしまいましたね、( ̄□ ̄;)!!って感じで 。そして私の鼓膜がやぶれんばかりの大きな声で「そんなこと有り得ない!!何があったんだ!!」とお怒りになりましたが、そんなこと私に言われても困ります・・・しかも夜中の3時にいきなり英語でまくしたてられても私は脳停止状態ですから・・・。まぁ、ロンドンでのレッスンやUK戦の時の私達のダンスを見ていて、ダンスに関しては何の心配していなかったのでしょう。残念でした、ごめんね (≧人≦) でも
「オールイングランドでは全然違う評価になるから大丈夫だよ。」
と慰めてくれてありがとう。大丈夫、私達もうすでにそっちに気持ちが切り替わっていますから。その代わりレッスンでビシビシしごいてね(ヘ`ω´メ)/☆バキッ(ヘ≧ω≦)ヘ・・・


 スパルタで・・・ それからドニー先生とは違うタイプだけど、指導がとっても細やかで、見本を見せて下さる時も美しい(オトコなのに何故そんなに美しいんだー!!)ラルフ・レピーネ先生、いつもシビアな目で競技会を観戦し、的確なご指摘と適切なご指導ありがとうございます。ライバルの安東・中塚組のメインコーチャーとして長年日本のセグエを見ていて下さるあなたに
「今までで最高だー!!!」
って言っていただき、とってもうれしかったです。5種目の日も今後の課題を与えていただいたので、ただいま構想を練っているところです。ブラックプールはいらっしゃいますか?ぜひそこで一皮むけた私達を見ていただきたいと思います。


 さて、最後にオリバー・ヴィッセルテル・ホルン先生、競技会当日も種目を踊って帰って くるたびに励まして下さり、私達が「ここが上手く行かないよー(>_<)」と泣きつくと、すぐ に上手く行くようにクイックリペアをして下さり、「フロアで一番素晴らしいのは君達だよ。僕はちゃんと見てるから、不安な気持ちになったらすぐに呼んでね。」と本当に親切にして 下さりありがとうございました。「あぁ、ドニーの兄貴に爪のあかでも煎じて飲ませたい・・・」と思いました。結果発表の時もドキドキの私達のそばにいて、ジャッジが変わってからの 後半3種目が2位になり、総合で2位が決まってしまった時「君達がダンスでは絶対上なんだよ。自信を持って、一番の笑顔で出て行きなさいと手をしっかり握って下さったので本当にそのように 出て行くことができました。そしてその後 「インターナショナルジャッジでは考えられない結果だ(ノ-_-)ノ ~┻━┻」 とお怒りになり、アドレナリンを噴出してまるで熊さんのように行ったり 来たりしてましたね。私達にはあなたの頭から湯気がシュウシュウ出ているのが見えました。もっと感動したのは競技会が終わって3日後に励ましのファックスをわざわざドイツから送って 下さったことです。スーパージャパンの日に
「今日みたいに踊ればブラックプールは絶対準決に入れるよ。」
と言って下さったので、次にあなたに会えるブラックプールでは、もっとスゴクなった私達を応援して下さい。

 今回の競技会が終わり、心にとても強く感じたのは「私達のことを思っていて下さる方が世界中にたくさんいるんだ」ということです。たくさんの方からお褒めの言葉や激励の言葉をいただき、それを思い出すだけでも「ジ―ン(T_T)」ときちゃいます。この気持ちを忘れずに絶対がんばるぞー!!いつも一番近くにいて、御自分の公の立場と戦いながら応援して下さっている北條先生・慶子先生、いつもハラハラ・ドキドキさせてごめんなさい(^^ゞ次回は違った意味でドキドキさせられるよう、作戦を練っておきます。それといつものろまで片付け下手な私達のお手伝いをしてくれるスタッフのみんな、ありがとよー。うーん、ここまできたら身内のみんなにも・・・春子さん、大蔵省、たけしにいさん、あっちゃんそしてお母さん、大声でスタッフのみんなにも声援をおくって下さりありがとうございました。皆様ほんとにほんとにありがとうございました m(__)m



▲ ページの先頭へ