ホームスタッフコラム › さようなら1999

スタッフコラム

さようなら1999

北條明 & 須田雅美


1999/12/31



クリスマスパーティーに向けての練習
フィンランドから来た妖精たち?!

皆様お元気ですか?ご無沙汰してます 雅美です。毎年11月12月というのは大変忙しく、パーティーのデモンストレーションに、生徒さんのレッスンにと働いているのですが、今年はありがたい事に生徒さんが増え、去年までは「お歳暮だ」、「クリスマスプレゼントだ」、「年賀状だ」と口実をつくってはスタジオから外出していた私も、ついに身動きが取れないようになりました。そして夜帰るのも夜中の2時3時は当たり前という生活が続いてしまった為、ロンドン便り・フロム東京を書くことができませんでした。本当にごめんなさい。書く為のネタは結構その時その時であったのですが、時期はずれの事や忘れちゃった事もあるので、思い出しつつセレクトして書きたいと思います。

 11月の朝日多光杯が終わって、今年の自分達の競技会は全て終了したのですが、12月に来日するコリン・ジェイムスとドニー・バーンズのレッスンを受けるために練習をサボっていては痛い目にあうので、後輩や生徒さんのレッスンの合間に練習をしていました。この「痛い目」っていうのはマジで痛いんですよ。身体がなまってると当然筋肉痛にはなるけど、それ以上に愛のムチが・・・彼らは熱心なのかそれとも私を女性と思っていないのか、特にドニー先生は平気で平手をアチコチに飛ばしてきます。指輪の部分が当たると骨に響くほど痛い!たまにお尻に蹴りもくらいます。イギリス人はサッカー好きのダンサーが多く、特にドニーは小さい時「週7日 1日3回」サッカーをやっていたというくらいのサッカー好きで、ふざけて何回私のお尻を蹴飛ばすので「私のお尻はボールじゃない!」訴えると、止めるどころか「え?だってボールみたいじゃん、丸くってさー」とますます調子にのってきたので「もう!!やめてよぉー!」と暴れて泣いてやりました。そしたらやっと止めてくれました。「女の涙は最大の武器」とかっていうけど、なんか使う場面間違ってる気がしません?

  うれしかった事と言えば、全日本学生の全日本戦で北條チームが活躍してくれた事。
私達は大学生のカップルも何組か教えているのですが、いつも忙しくて応援にも行けません。特に4回生にとっては学生最後の競技会となる全日本くらいは見てあげたくて、その日は仕事の依頼を受けてもお断りをして、予定を入れないで応援に行きました。出場したどのカップルも一所懸命で、全員1次予選くらいは通過させてあげたい気分でした。残念ながら予選で終わってしまったカップルもいましたが、それぞれにスタジオでレッスンを受けている時とはまるで別人のようにキラキラしてました。さきほど「北條チーム」と書いたのは、北條ダンススクールのスタッフのレッスンを受けに来てくれている生徒さんを私が勝手にそう呼んでいるだけなのですが、今回はモダン・ラテン10種目中(単科戦)6組が決勝入りを果たし、他に3組が準決勝に進出しました。特にサンバでは私達の、チャチャチャでは横田組のレッスンを受けていたカップルが優勝し、大興奮しちゃいました。学生の皆さん、素晴らしいダンスをありがとう。もう今後しばらくはダンスをやらないっていう人は、いつか時間ができて、身体を動かしたくなったらこんなダンスがあったことを思い出してね。そして今後もダンスを続ける人はがんばって!私達「北條ダンススクール」がサポートして行きますよ。

 ところで、12月の重要行事といえば「クリスマスパーティー」ですよね。皆さんは楽しいクリスマスを過ごされましたか?
北條ダンススクールでは毎年12月23日(祝)に帝国ホテル富士の間にて「クリスマス技術発表会」を開催しています。技術発表会はアマチュアの方に日頃のレッスンの成果を先生と、もしくはアマチュア同志のカップルでデモンストレーションの形で出演し、演技を発表して頂く会なのですが、それだけでなく美味しいディナーを召し上がって頂き、ダンスタイムやお楽しみ抽選会に御参加頂いて、プロフェショナルのデモンストレーションやフォーメーションなどを御覧頂くなど、観に来て下さった皆様にも楽しんで頂けるようなパーティーの形式にしております。クリスマスなのでサンタさんやトナカイが場を盛り上げ、今年はフォーメーションの代わりにクリスマスのワルツという「バレエみたいなもの」を有志のスタッフで披露しました。この作品は5年前に横田組、加藤組、森田、遵子が入社した年に製作した「花のワルツ」のリメーク版で、今回もそのオリジナルメンバーが参加していたのですが、気付いた方は・・・いないでしょう。振付けは元バレリーナの「マッサミ・スィダ」(またの名を須田雅美という)が担当しました。さすがにオリジナルメンバーは前回よりもかなり上達しており、ちょっとおもしろみに欠けたかもしれませんが、その辺は衣装でカバーできたと思います!?

えー さて、今回はロンドンに来る飛行機の中で書き始め、今はいつものドニーのおうちです。今日は到着してすぐよそ行きの洋服に着替え、ドニー先生達とドニー先生の御両親とお兄様の7人でロンドン市内の有名レストランに行きました。このお店の名前は「THE IVY」。劇場などの近くにあるので、テレビや映画に出演するような有名人が多く訪れるらしく(マドンナやブラピ、ブレア首相も!)、いつも予約で一杯(普通に予約をしようとすれば1年待ち!!)なのですが、ドニー先生はロンドンではちょっとした有名人なので無理がきくらしい・・・これは彼の自慢なんです。私達はこのレストランに何度か連れて行って頂いてるのですが、ホントに何を注文しても美味しいんです。食いしん坊の私達が太鼓判を押すほどですから、絶対ですよ!しかも安い!!ウェイターのサービスも素晴らしい!!なんか「!」ばかり並んでしまいましたが、本当に「!!!」なお店なんです。

明日はニューイヤーズイブ、ようするに大晦日ですが、7人でドニー先生のおうちの暖炉を囲んでパーティーをやる予定です。時差ぼけで私達が眠ってしまわなければ、の話ですが。
それでは皆さん、良いお年をお迎え下さい。     

                              
AKIRA&MASAMI



▲ ページの先頭へ