ホームスタッフコラム › ダンサーたちの息抜き

スタッフコラム

ダンサーたちの息抜き

北條明 & 須田雅美


1999/9/23



家泉 直樹・朋美組と柳橋 慎太郎・浅見 久美子組

1週間ぶりです、お元気ですか?

 私達は先週の1週間が何週間にも感じるほど、とても充実していました。毎日レッスンを受ける、練習をする、食べる、寝るの繰り返しだったのですが、約4ヶ月ぶりに集中してレッスンを受けたり、振り付けを変えたりしているので身体も頭もくったくたに疲れてます。

 こんな時にとっても気持ちが安らぐのは友人達と一緒に過ごすこと。今回フラットメイトのねぎちゃんは来ていないのですが、以前このロンドンレポートでも紹介した日本人の為の練習場に行くと友人達も練習に来ているので「げんきー?」っていうあいさつから始まって、「今日○○先生のレッスンを受けてさぁ・・・新しい技見てよ!」とか、「ここが上手く行かないんだけどちょっと見て。」などと研究会が始まったりします。私達は特にラテン・モダンの区別なく、先輩にも後輩にも友人がいるので、自分達が知らない事を教えてもらったり、お互いに新鮮な意見を受けられるのでとてもよい参考になります。その他、人が集まればどうしても噂話をしてしまったり、ダンスとは全然関係のない話題になってしまうことも多々あるのですが、そういう時間がまた楽しかったりするんですよね。

 私達プロのダンサーは日本にいるとダンス教師という職業でもありますから、なかなか友人と会う機会をつくれません。会うにしても夜中になってしまうのです(そういう無茶をすることも最近は無くなりましたが・・・)。だからロンドンに来ると友人と食事に行ったり、フラットで遊んだりしたくなっちゃうんですよねぇ・・・もちろん練習も精一杯やって、休息として遊ぶんですよ!!今回ロンドンに来ている人が少なくて練習場に行ってもいつも同じメンバーなのですが、その中でも北條ダンススクールのスタッフの笹谷カップルを別にして、 柳橋慎太郎・浅見久美子組と家泉直樹・朋美組とはお互い年齢が近いこともあってよくつるんでます。2組ともとっても楽しいカップルで、特に慎ちゃんとジミーちゃん(家泉先生の事)のやり取りはまるで漫才でもみているかのよう。そしてそれをくりちゃん(朋美先生)が「オイオイオイ」と制する役目。慎ちゃんと久美ちゃんカップルは、久美ちゃんが「この人(慎ちゃん)だったら一生笑って暮して行けると思って結婚する事に決めた」というぐらい、はたからみていても完全にボケとツッコミの夫婦漫才・・・とっても楽しい友人達です。

 「友人と遊ぶ」で明には忘れちゃいけない「遊び」がありました。・・・「草野球」です!!夏の終わりのレポートで書きそびれてしまっていたのですが、今日のテーマにマッチしているのでついでに(?)書いちゃいましょう。明はちゃーんと遊んでました。しかも早朝6時開始の草野球で! 彼ら「ジュリーンズ」は三鷹市の早朝野球のリーグに加盟して、結構本格的にやってます。驚きでしょう?8月の終わりと9月の始めの2回、ようやく都合がついてリーグの公式試合に参加できたんです。私も応援に行きましたよ。「なんでこんなに朝早いのよ!!」なんてブツブツ言いながらですけど・・・「ジュリーンズ」のメンバーはダンサー中心で、濱野浩二、高橋圭一、ねぎ、明を核に置き(置いてるだけって話しも・・・)エース長井一平、今ロシアに行ってる池田耕治、桜田ダンスの五十嵐、トヨヒコなど高校野球で鍛え上げた面々がしっかりと野球らしくまとめ、矢部ちゃん、進藤君が軽いフットワークで走って守って助っ人の方々にも文字どうり助けて頂いて・・・・がんばったんですけど、2回とも負けてしまいました。残念でしたが、いつも朝から夜中までスタジオの中にこもりっきりのダンサー達にとって、朝早くから起きて太陽の下で汗をかくとても良いレクリエーションだなぁと、見ていて思いました。

 私雅美が友人と遊ぶといったらおしゃべりすることぐらい。お茶しながらだったり、食事に行ったり(実は私はお酒が飲めません)・・・長電話もだーい好き。もうちょっと身体を動かすような趣味を持ったほうが良いのでしょうか?でもテニスも下手だし、ゴルフは打ちっぱなしに1度連れて行ってもらった時、静止したボールなのに打ったつもりが全然かすってもいなかったことにショックを受けて以来立ち直っていないし・・・あ、泳ぐのは好きだなぁ・・・まあまあ得意、でも海に行くとなると時間を都合つけるのに苦労しちゃうんですよね。誰かいい遊び知りませんか?教えてくださーい!!
全日本の為に日本に帰ります。 AKIRA&MASAMI




▲ ページの先頭へ