ホームスタッフコラム › 7月の思ひ出(前半)

スタッフコラム

7月の思ひ出(前半)

北條明 & 須田雅美


1999/8/1



左から、美樹、嶺岸カップル、明、雅美、横田

ご無沙汰しております。
あと1週間で50周年ということでデモンストレーションに出演されるスタジオの生徒さん達も段々とテンションが上がってきたようです。私達スタッフも最終のチェックに余念がありません。
 で、7月は大変大変忙しく、なかなかお便りを書くことができませんでした。ごめんなちゃい。結構、書くネタはあったんですよー・・・溜めてました。
  7月は何があったかというと、まず1日が雅美の-
回目のお誕生日で、後輩達とスタジオの近くの 焼肉屋さんに行きました。なぜかっていうと、後輩達はいつも質素な食生活を送っていて、特別なイベントがない限り焼肉を食べないので、やさしい雅美先輩は彼らを哀れに思って連れて行き、無理やり自分のお誕生日を祝わせたって訳なんです。後輩達よ、祝ってくれてありがとう!!
 20日には中部のチャンピオンとして活躍された、静岡の土屋時男先生・時子先生の引退パーティが浜松のホテルで盛大に行われ、そのお手伝いとしてラテンフォーメーションを振り付けをして自分も躍らせて頂いたことが、大変だったけど楽しい思い出となりました。私達の作品は嶺岸組のルンバにはじまり、私達のチャチャチャ、そして玉置ダンスの中村組、東海林組、大塚組とうちの横田組を交えてのサンバのフォーメーションで明るく締めくくった、10分近いものでした。途中のチャチャチャでは男性軍4人がタンクトップにジャージ、そして足元にはスニーカーといういでたちでストリートダンスとチャチャチャを織り交ぜて踊るという、ちょっと変わった振り付けをしたので大変だったみたいです・・・ 私達カップルは打ち合わせの為、前日に浜松入りして、当日は他の人達は朝6時台の新幹線に乗って来るのに、ゆっくりと寝られちゃって悪いなぁ・・・なーんて思ったら大間違いでした。打ち合わせには私達の大好きな友人でライバルだった安東・中塚組も来ていて、打ち合わせが終わった後ヒロコさんを除いた3人が夜の浜松の町に繰り出すことになったのです。さて、何時にホテルに帰還したでしょうか・・・?なんと朝の4時半でした!!なんてことでしょう!せっかくホテルのお部屋を用意して頂いたのに・・・ 安東くんときたら部屋番号忘れた、なんて言い出す始末。そして彼は私のベッドで寝ていったのです。私?私はここで寝てしまったら、朝8時のリハーサルに絶対行けなくなると思い、徹夜をしたのです。それでもリハーサルが終わってから私達のチームの6カップル全員で超有名な、美味しいウナギ屋さんに行ってたらふく食べ、それから2〜3時間お昼寝をしたのです。普段東京に居てもなかなか会うことも話す機会も作れない人達と一緒に過ごせた事が、部活の合宿みたいで楽しかった。
  ちょっと長くなってしまったので「7月の思ひ出」はここで前半終了ということにいたしましょう。



明と安東さん

AKIRA&MASAMI



▲ ページの先頭へ