ホームスタッフコラム › シンガポール遠征試合

スタッフコラム

シンガポール遠征試合

北條明 & 須田雅美


1999/07/05

6月25日から29日まで、競技会に出場するためシンガポールに行って来ました。一緒に行ったのは小浜組、家泉組、宮岡組、市川・小林遵子組、加藤周介・留巳組、そしてアマチュアの岡元組、引率して下さったのは我らが北條章宏先生です。コンペは日曜日1日だけだったのですが、飛行機で6時間もかけて行くのだから少し余裕をもって4泊5日のツアーとなりました。
 私達は昨年同じ競技会に出場した時にシンガポールが大好きになり、秋に違う大会にも出場してますます好きになり、今回も自ら志願して出場しました。なぜそんなに気に入っているかというと、それほど大きな競技会場ではなく、しかもフロアーの形は半月型という決して踊りやすいフロアーではないんだけど、観客がすぐ近くに座っているので、選手と一体となって盛り上がるのがわかるからなんです。しかも、気に入った選手が踊っていると、それが自分の国の人であろうとなかろうとスッゴイ声援を送るんです。実際、私達はビデオが出回ってるおかげですっかり人気者だし、岡元組なんて今回はじめてシンガポールの地を踏んだのに、登場しただけでやんやの大騒ぎ。隆さん(リーダーさんの名前)もノリノリになっちゃってサンバを踊ってるときに「HEY!!」と声を出したら観客まで「HEY!!」とそれに応えちやうほど・・・あんなの初めて見ました。さすが赤道直下、人々もアツイ!!でもね、だからと言いましょうか、モダン種目はみんなおとなしく観賞していました。
 この大会にはアジア各国からたくさんの人が集まってきます。マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、スリランカ、中国、香港、台湾、日本、今回は韓国からの参加はなかったけど、こういう中にいると「自分はアジア人なんだよなぁ。」ってあらためて実感しますよ。そしてその他にオーストラリアのアマチュア軍団とイタリアからプロが1人参加してました。こういう場合の公用語は北京語らしく、アナウンスも英語(しかもイングリッシュじゃなくて、シングリッシュね)と北京語でした。
 さて、結果は1・2・3位までを北條、宮岡、市川組と日本勢が独占し、モダンはイタリアのカップルに優勝を持って行かれ家泉組は2位、3位は中国のカップルでしたが、小浜、市川、加藤組もファイナルに入り、全員賞金をいただいてきました。アマチュアの岡元組も優勝し、会社を1日休んで来てよかったと喜んでいました。もう1つのイベントとしてシンガポール、中国、台湾、日本の4チームでチームマッチをやり、我が日本チームは日の丸のハチマキをして健闘し、優勝して1000シンガポールドルを獲得!!やりました!
 ・・・それでその賞金はどうしたかって?ぜーんぶ私達のおなかに入っちゃいました。これがその打ち上げパーティーの写真です。なんかすごい盛り上がってるのがわかっていただけると思いますが、本当にすごかったんです!
 ここはイーストコースト・シーフードセンターの中の海鮮料理レストラン(でも屋台みたい・・・)で、水槽にいるお魚や海老、カニを調理して食べさせてくれるんです。なかでもお気に入りは蒸し海老、蒸し魚、カニの黒胡椒いため。暑ーいなかで辛いものやにんにくを食べるから、汗が出る分ビールが美味いらしい。(私、雅美はまったく飲めないんです)ちなみにビールは地ビールの「タイガービール」がその時は合うらしい・・・1000シンガポールドルって言ったら約7万5千円なんですが、日本であれだけ食べて飲んだらそんな金額じゃぁすまないでしょう。だって、ランチタイムに屋台村に行って3〜5シンガポールドル(約225〜375円)も出せば十分、飲み物やデザートを食べたって10シンガポールドルでおつりが来ちゃうほど、物価が安いんですから!!
 みんな太って帰ったんじゃないかなぁ・・・大丈夫かなぁ・・・
AKIRA&MASAMI



▲ ページの先頭へ