ホームスタッフコラム › 第20回日本インターナショナル選手権

スタッフコラム

第20回日本インターナショナル選手権

北條明 & 須田雅美


1999/06/16



6月12日(土)日本インターナショナル選手権が終わった。4月半ばに渡英してからの長いロードがこれで完結しました。この日本インターを最終の目標にして練習やコンペをこなしてきたので、今はフルマラソンを完走したような、充実感と清々しさに包まれていて、昇天してしまっているせいかあまり疲れは感じません。
 今回の日本インターは第20回の記念すべき大会でした。昨年は国際的なルールの問題により出場しなかったアラン・トンズバーグ組(昨年は仕方なくデモンストレーションにまわったんです)とジェイムス・クニッツ組が出場し、一回休みした私達も出場したことと、昨年と外人のジャッジが同じということで昨年のインターをしきり直したようなかたちになりました。 結果は当然のごとくアランの一人勝ち。私達は残念ながらジェイムスに勝てず、第3位となりました。ジェイムスは昨年のブラックプールのライジングスターで2位だったのですが、私達の良きライバルで、ロンドンでも勝ったり負けたりしているので、今度はロンドンで絶対勝ってやるぅ!と静かに闘志を燃やしています。
 当日応援に来て下さった皆様と遠くから見守って下さった皆様、本当にどうもありがとうございました。今回はとても自分達に集中でき、留学で学んできたことが練習の通りにでき、精神面も成長したと自負しております。このH.P.を見て下さっている皆様にその秘訣を1つだけ公開しちゃおうかな・・・それは予選と予選の間に行うストレッチです。これによって筋肉の疲労を軽くしてあげる事で肉体的にも精神的にもリラックスするので、かなり踊りそのものに集中できますよ。今までやってなかった人は試してみて下さいね。
 次の国内選手権は全日本選手権大会です。今年は10月2日・3日に川崎市のとどろきアリーナで開催されます。またまた応援よろしくお願いしますm(__)m。そして出場する方はともにがんばりましょう(^_-)V。
AKIRA&MASAMI



▲ ページの先頭へ