ホームスタッフコラム › 明のつぶやき台湾ひとり旅行記

スタッフコラム

明のつぶやき台湾ひとり旅行記

北條明


2月26日(金)から2月28日(日)まで台湾へ行ってきました。2泊3日です。
台湾で行われた競技会の審査員として招かれました。台湾へは今回で3回目です。
一人で台湾へ行くのは初めてなので、「下調べでもするか。」ガイドブックを2冊買った。
すでに出発の2日前。俺はなんでもギリギリが大好きだ。でも今回はちびっと緊張。
ひとつは”地球の歩き方”、もうひとつは”台湾グルメ”の本。あらためて台湾の事を調べたら、
日本と国交がない。国交がないのに、なんで入国できるんだろう。わからん。
もしかしたら、北朝鮮にも簡単に入国できるのか、行かないけどね。

台湾の正式名称は”中華民国”という。知らなかった。
それではこれから、明の心のつぶやきを読んでください。



○2月26日(金)

4:30
起床。

6:00
予定どおりリムジンバスに乗車。めずらしく予定どおりだ。

6:55
成田空港第一ターミナル南ウィング到着。

7:10
チェックイン完了。

7:12
朝が早すぎて出国ゲートがまだ開いていない。



7:20
日本円を台湾ドルに両替完了。50,000円が15,000台湾ドルに(1台湾 ドルは約3円)。



7:30
朝が早い為、準備中のレストランが多い中、ROYALに決定。

そして入店直後、生ビール中を注文。
その後、アメリカンブレックファーストを注文。
そして、生ビール中、2杯目を注文。



7:55
本屋で雑誌を3冊購入。

8:00
セキュリティーを無事通過。

8;03
出国審査、終了。

8:16
全日空のラウンジに潜入。ちなみに本日3杯目の生ビールをゴクゴク。
おっ、冷えた白ワインを発見。ガブガブ。



8:46
ラウンジを出て、ゲート27へ向かう。

8:56
機内へ。ビジネスクラスなのに、シートが汚く小さい。
全日空は大丈夫か‥。日航のようになるなよ。
ちなみに、スチュワーデスは態度悪し。

9:30
離陸。飛行機が小さいからすごく揺れる。
今回の旅はイヤな予感がする。



12:41(台湾時間)
台湾桃園国際空港に到着。

12:52
入国審査、無事通過。

12:55
迎えにきているはずの人を捜す。30分捜したがいない。
マジでむかつく。

13:30
ホテルが予約されていなかったら、今日中に東京へ帰ろう。
怒りがおさまらないままタクシーに乗車。

13:56
指定のインペリアルホテル台北に到着。タクシーの運転は本当にひどい。
公道レーサー並み。



13:58
ホテルにチェックイン出来ちゃった。ちっ、帰ろうと思ったのに。

14:03
入室。悪くはないが良くもない。
なぜなら、ガイドブックには高級ホテルって紹介されていたから。
どう見ても、ビジネスホテルよりはちょっといいかな、ぐらい。



14:30
今回の旅行で、どうしても食べたい台湾料理が「牛肉麺」。
早速フロントで美味しいお店を聞いてみる。

14:48
フロントで教えてもらったお店は、ホテルから歩いて15分位のところにあった。
「牛肉麺」のお店の手前にダンススタジオ発見。



「拉丁舞」は、ラテンダンスのこと。
おおっ、ついに到着。お店の名前は「必富*斗」だ。さっそく「牛肉麺」を注文。
もちろん台湾ビールも。
最初に台湾ビールがきた。ん、コップに氷が入ってるぞ。変なの。



でも意外といいかも。おっ、きたぞ、「牛肉麺」。



まずはスープから。うめーじゃねえか、コノヤロ。
すごく美味しいコンソメスープを飲んでるかんじ。

次に牛肉。うめーじゃねえか、バカヤロ。ぎっちり旨味が入っている。
さて、麺だ。ん?、なんだこの麺は。細いうどんと、すいとんが混ざったかんじ。
麺はオレの趣味じゃないな。
でも総合80点ぐらいか。すごいぞ、いきなり高得点。
台湾恐るべし。金額はビールとあわせて172ドルなり。

15:17
屋台で「ワックスアップル」というフルーツを購入。



味はリンゴと梨をかけ合わせたかんじ。すごくみずみずしいが味は薄い。
50点だな。金額は35ドルなり。

16:55
ホテルで休憩したあと、再び外出。
次に向かうのは鶏料理専門店の「鶏家荘」、というお店。
ホテルから少し遠いが歩いて行こう。少しでもお腹を減らさなければ‥。

17:17
お店に到着。店内に潜入。明るくて清潔な店内。
店員が日本語で話しかけてきたので日本語で返した。
注文したのは、「三味鶏」。鶏のローストと蒸し鶏、
黒い鶏肉の三種類を二種類のソースで食べる。
もちろん台湾ビールも注文。



ビールを飲みながら待っていると、来た〜っ。



まずはローストから。はふぅ、美味い!美味すぎる!
味付けが濃くてオレ好み。しかも柔らか〜い。
次に蒸し鶏。これは想像どおり。肉から旨味が抜けていなくて素晴らしい。
ここでビールを追加。
さて、この初めて見る黒い鶏を食べてみよう。ん ん?なんだ?
見た目と全然違うぞ。正直インパクトがない味。 残念だ。
ところでどうやって黒くしているんだろう?サービスでプリンとお茶が出てきた。



プリンはもうありきたりのプリン。お茶はなぜかすっぱかった。
85点。金額はビール込みで620ドル。

18:20
お店を出た。腹が苦しい。ホテルで休憩しよう。

19:20
また外出。次の目的地は「TAIPEI 101」 という、
台湾一の高さを誇る台北のランドマークタワーだ。
ちなみに高さは508m。ホテルからタクシーで向かった。

19:49
「TAIPEI 101」に到着。



展望台に行くにはチケットを購入しなければならない。
さっそく購入。金額は400ドル。



5階から専用のエレベーターに乗り、89階で降りた。
かかった秒数はなんと37秒。エレベーターは日本製。さすがだぜ。
最上階の91階へは階段を使う。



いや〜、高い!股がスースーした。だが思ったよりは夜景にインパクトがなく、
これが東京だったら‥と思わせたので50点。
その後、地下1階のフードコートへ移動。
次に食べたのは台湾の丼ものでもっともポピュラーな肉そぼろかけご飯の「魯肉飯」だ。



いや〜、これは日本人が大好きな味付け。
甘辛の味付けだがその甘さは肉からきている。いや〜、美味い!



付け合わせの野菜にもそぼろが。やるな。
しかしスープはダメ。なぜか後味がウスターソース。変だぞ。
スープでかなり減点、73点。110ドルなり。
口直しに「スイカ&パイナップルジュース」を購入。



きたぁ〜!これは文句なしの100点!!もう、絶妙なハーモニー。
なぜ日本ではないのか?いや、あるのかな?オレが知らないだけか。
とにかく美味い。70ドルなり。

21:30
いよいよ今日さいごの目的地、「士林観光夜市」へ
タクシーで向かった。夜市、つまりナイトマーケットだ。

食べ物の屋台は屋内にあるので、雨の日も安心。
しかも夜中の1時まで営業。ワクワクする。

22:00
到着。まずは街を散策。するとビックリ。町並みがアメ横そっくり。本当にそっくり!
ビックリしながら食べ物屋台へ移動。潜入。う、臭い、臭すぎる。
魚醤とくさやを混ぜたような匂い。しかし来たからには何か食べたい。

腹はいっぱいだが、がんばれ。お、小さい腸詰めを発見。しかも串に刺さってる。
購入。ん?たいして美味くない。なんだかパサパサ。一口でゴミ箱へ。10点。30ドルなり。

次にタピオカ入りミルクティーを購入。
ミルクティーは美味しいが、タピオカが大きすぎて粉っぽい。ダメ。20点。50ドルなり。

22:30
疲れた‥。ホテルへ帰ろう。タクシーでホテルへ向かう。

22:42
ホテルに到着。そのままコンビニへ。
台湾ビール2缶と黒烏龍茶を購入。98ドル。



23:00
部屋に到着。気づかぬうちに就寝。



○2月27日(土)

7:45
起床。

8:00
朝食。スクランブルエッグ、ミニソーセージ、カリカリベーコン、フランスパン一切れ、


グレープフルーツジュース、エスプレッソ、ジャスミンティー。

9:30
ロビーに集合。?ヨーロピアンダンサーがいない。あ、いた。でも知らない。

9:40
バスに乗車。



10:14
コンペ会場に到着。んん?豪華すぎないか?



ジャッジ控室に入り、会場でもらった封筒の中身を見る。
今日のコンペのジャッジの数が30名くらい。
オレはA班とB班に入っていた。

10:56
ジャッジ会議がないままいきなりジャッジ。すでに曲は半分くらい過ぎていたので、
かなり適当になっちゃった。
たぶんジュブナイルジャイブ決勝。

11:11
2回目のジャッジ。相変わらずジャッジ会議がないので、
どのカテゴリーをジャッジするのかがわからない。
配られてくるジャッジペーパーに記入されている番号と、
フロア内で踊っている選手の背番号が一致した場合にジャッジをする。マジかよ。
ん?今気づいたけど、ジャッジペーパー回収係の女の子が全員白い手袋をしている。



台湾ではジャッジペーパーは美術品扱いなのか‥。

11:18
ビックリ!去年、東京へ留学にきた台湾カップルが挨拶にきた。



元気そうだった。

11:20
ジュニアオープンラテン決勝のジャッジ。ん?
今気づいたけど、台湾人のジャッジでタキシード着用がほとんどいない。
台湾、ゆるすぎる。

11:39
トイレに行きたい。でもいつ次にジャッジをやるのかわからないから席を立てない。
がんばれ、オレの膀胱。

11:40
ジュニアスタンダード準決勝のジャッジ。
198番のカップルを残したいけどジャッジペーパーにのっていない。197番はあるんだけど。
ワルツの後、197番を198番にかえて、のアナウンスあり。ガハハ。

11:47
がまんできずにトイレへ。

11:50
ジュニアスタンダード決勝のジャッジ。駆け込みながらジャッジ。ん?
台湾人の女性ジャッジが携帯で電話しながらジャッジしている。
しかもドレスじゃなく、薄いグレーのタイツに黒のブーツ。おいおい、本当にゆるいぞ、台湾。

12:01
ジュニアスタンダード決勝のジャッジ。あれ?さっきやらなかったか?
あ、元台湾ラテンチャンピオンのトニーがジャッジしてる。

12:15
ランチタイム。右手甲に押されたスタンプのまわりが急に痒くなってきた。
インクに何が混ざっているのか‥。



弁当がきた。



味はいいが、イカが食べにくい。

12:54
ジャッジ再開。プロライジングスタースタンダード準決勝のジャッジ。
逆ネック3組、音はずし7組。難しいジャッジだ。

13:05
プロラテン準決勝のジャッジ。去年、留学に来た台湾カップルが踊っていたが
練習不足まるわかり。4種目点数を入れてあげたけど、たぶん決勝は無理‥。

13:27
大学生ラテン決勝のジャッジ。日本の大学生と変わらないと思う。

13:43
大学生ラテン決勝のジャッジ。あれ?さっきやらなかったか?ん〜、よくわかんないな。

13:54
アマチュアスタンダード決勝のジャッジ。後楽園で見るアマチュアスタンダードよりは、確実に上手。

14:36
オレのジャッジペーパーがいつの間にか変わっている。
これはきっとオレがジャッジし忘れたか?

14:43
プロオープンスタンダード準決勝。これはジャッジをしていない。
「イタリアの子猫ちゃん」って言ってるカップルが踊っている。世界でベスト24か48ぐらい。
ヨーロピアンは1組だけ。

14:51
アマチュアオープンスタンダード準決勝のジャッ ジ。11組の準決勝なのに8組決勝に残して、だって。
変なの。

15:00
ジャッジ紹介。人数が多いから、なかなか終わらない。

15:15
ノービスアマチュアラテン第1予選のジャッジ。25組。あれ?みんなフロアにあがったぞ。
え?1ヒートしかないの?
マジかよ?もうテキトーにやっちゃうぞ。見えた番号をひたすらチェックして、
やっと間に合った。選手がかわいそうだ。

15:28
アマチュアラテン決勝のジャッジ。5曲続けて踊るがみんなバテない。あれ?
みんなさっきスタンダード踊ってたぞ。体力はあるな。

15:41
プロクローズドスタンダード決勝のジャッジ。迷わず簡単につけることが出来た。

15:51
アマチュアクローズドラテン1予選のジャッジ。うわ〜、22組も一緒に踊ってるよ。
チャチャチャが終わる頃、ジャッジペーパーを渡された。オレこれからジャッジをやるの?
立った時にチャチャチャが終わり、2種目目からジャッジ開始。
またテキトーにやっちゃうぞ!もう〜。

16:05
アマチュアオープンラテン1予選のジャッジ。今度は23組いっしょ。
だから、一度にそんなたくさん踊ったら ジャッジしづらいって!(怒)

16:16
プレアマチュアラテン準決勝のジャッジ。なんだ、そりゃ?意味がわからん。
それよりどれをジャッジしても踊っている選手が一緒で、わからなくなってきた。

16:25
プロアジアパックオープンラテン準決勝のジャッジ。またまた、なんだそりゃ?な競技名だ。
お、留学に来た台湾人カップルが踊っている。チェックを入れなきゃ。

16:41
ノービスアマチュアラテン決勝のジャッジ。日本ではノービスはベーシックだが、
台湾ではバリエーションでした。

17:05
プロアジアパックオープンラテン決勝のジャッジ。留学に来た台湾人カップルは決勝進出ならず。

17:17
いきなり舞台上で賞状とトロフィーを渡す役をさせられた。フロアではコンペ継続中。プッ。

17:22
プロオープンラテン準決勝のジャッジ。10組中、8組が台湾カップル。
1組がオーストラリア。1組が香港。
でも香港カップルはロシア人。ロシア人達はまったく目立たず、でもきっと優勝。
これぐらいのコンペならダントツに見えなきゃ!このロシア人がロンドンで勝てないのが、
よ〜くわかった。

17:30
夕飯。



昼とほとんど変わらない弁当。

18:30
夜の部が始まった。子供のフォーメーションをやったり、オーガナイザーの挨拶。
(写真がオーガナイザーのマイケル)



お、今度は台北市の市長まで出てきた。なかなかコンペが始まらない。

19:11
プロオープンラテン決勝のジャッジ。オレは香港のロシア人にオール1。
パソの第1ハイライトに合わせるように、司会が「パソチャァーヨォー」と叫んだら会場が
MAX盛り上がり、最後まで手拍子が鳴り止まず。
「チャァーヨォー」とはどういう意味なのか?すごい破壊力。

19:32
2回目のジャッジ紹介。今度は舞台に上げられる。そして何か首にかけてもらった。



ん?何かカードが入っている。台湾人いわく、このカードさえあれば
地下鉄やタクシーを乗る事ができるらしい。
いわゆるPASMOやSuicaだな。



でもお金がチャージされていなければダメだって。そりゃそうだ。っつーか、いらねぇ。

19:45
アマチュアオープンラテン決勝のジャッジ。やっと仕事が終わった。もうそれだけ。

21:53
マリトースキーなどのデモンストレーションもようやく終わり、すべてがやっと終了。

22:30にならないと乗り合いバスが来ないらしい。
うー、待ってらんねえ。タクシーで帰っちゃおう。

22:11
部屋に到着。さっそくビールを飲もう。



23:00からの後夜祭までまだ時間がある。そうだ、「牛肉麺」アンコールだ!

22:32
昨日と同じ店で同じ注文。ん?昨日より美味く感じる。
人間は仕事から解放されると味覚も変わるのか?調子にのってビールを追加。

23:05
ホテルの2階にある後夜祭会場に到着。さ〜て、台湾ビールをガブ飲みするか。
んん?ビールどころかアルコールがな、ないっ!
あるのはコーヒーとグレープフルーツジュース。おいおい、マジかよ?台湾。
打ち上げはアルコールだろ!う〜ん、アルコールが飲みたい‥。
そうだ!ドニーに教えてもらった「F O Q作戦」だ!(F O QとはFUCKOFF QUICKの略)

オーガナイザーを外に連れて行き、「オレ、風邪をひいてるから早くベッドに行きたいんだ。
だから、早くジャッジ料とエアチケット代をください。」作戦成功。2分後にもらうことができた。
え?5000ドル?安い。

23:20
1階にあるバーに到着。ニコニコ顔で台湾ビールをジョッキで注文。
すると、これでラストオーダーですよ、だって。
え、慌てたオレは何故か追加でマルガリータを注文。



ふだん飲まないのに‥。

23:40
部屋に到着。荷造りして寝よっと。



○2月28日(日)

7:52
起床。

9:53
チェックアウト。

9:56
タクシーで台湾桃園国際空港へ向かう。

10:29
到着。

10:31
全日空のチェックインカウンターに到着。んん?

10:55にチェックインカウンターがオープンか。早く着きすぎた。ちっ、待つか。

10:58
無事チェックイン完了。

11:16
セキュリティー、無事通過。

11:23
出国審査、無事通過。

11:30
フードコードで台湾ビールと小龍包を注文。よし、写真を撮ろう。あっ、電池の残量がない!
写真が撮れない、残念だ。小龍包がきた。味はまずまず。皮が少し粉っぽい。50点。
ビール込みで240ドルなり。お、気に入ったひき肉かけご飯の「魯肉飯」を発見。
食べちゃおっと。んん?あまり美味くないぞ。空港で食べるひき肉かけご飯はイマイチ。
40点。120ドルなり。そろそろお土産でも買うか‥。

12:11
お土産に烏龍茶を購入。値段は内緒。よし、台湾ドルを日本円に替えよう。

12:21
コインを含めた全ての台湾ドルを日本円に両替成功。11,252台湾ドルが31,100円に。

12:26
この空港に全日空のラウンジがない為、エバーグリーンとかいう航空会社のラウンジに潜入。
エバーグリーンってどこの国の航空会社だ?ずいぶんエコな名前じゃねえか!

まずは台湾ビールをゴクゴク。んん?あまり冷えてないぞ。
グラスに氷を入れちゃおうかな。お!肉まん発見。食べよう。美味い!すごく美味い!!

豚肉とん?タマネギだ。タマネギの甘みによって最高のハーモニーだ!100点。
続いて焼きビーフン。あれ?味が薄すぎるぞ。入ってる具は野菜だけ。
ヘルシーすぎて3点。お、フランクフルト発見。ま、これはハズレなし。

しかし日本で食べるフランクフルトよりは魚肉ソーセージに近い。35点。
よし、肉まんをおかわりだ。ヤムヤム。ビールもおかわり。ガブガブ。

12:50
ラウンジを出てゲートに向かう。

12:59
ゲートC7に到着。

13:02
機内へ乗り込む。え〜、これがビジネスクラス?行きの飛行機よりはいいけど
シートが古くてボロボロ。大丈夫か、全日空。もう1回言うぞ、日航みたいになるなよ。

13:48
離陸。気づかぬうちに就寝。



17:20(日本時間)
成田空港に到着。

17:51
入国審査、無事通過。

17:55
税関で止められる。台湾へのひとり旅は怪しいのだろう。散々、調べられる。

18:00
自動ドアを通り抜けて日本へ。ふぃ〜、ただいま。

18:50
リムジンバスに乗車。

18:53
東京へ出発。おつかれさま、オレ。



今回、ジャッジをして思ったこと。
オレは日本以外のアジアでは 台湾、シンガポール、そして香港のコンペに出たことがある。
いずれもラテンは盛り上がるがスタンダードは‥。
台湾、シンガポール、香港では、ラテンは「キャーキャー、ワーワー」。
スタンダードは「パチパチ」ぐらい。とにかくアジアンはラテン好き。

もしかしたら、アジアでスタンダードの方が盛んなのは日本だけかも。

日本人はやっぱり大人しいのかな‥。



以上、「明のつぶやき台湾ひとり旅行記」でした。チャンチャン。



▲ ページの先頭へ